「ほっ」と。キャンペーン

きよんが

degutti.exblog.jp
ブログトップ

ザンジバル旅行最終日「怒りのプレシジョンエアー」

ストーンタウンに行った時に、リコンファームをした私。
その時は、なんの問題もなかった。

でも、フライトの2時間前に空港へ行くと、プレシジョンエアーのカウンターがない…。

これは、あやしいと思い、受付の人に聞くと
「ちょっと待ってて。」
と、言われ10分も待ちぼうけをくらう。
ますます、あやしいと思い、別の人に尋ねると、
「この便は欠航になったよ。昨日、メールで知らせたでしょ。」
と、言われる。


「いや、インターネットのつかえないところにいたので、その前にちゃんとリコンファームしたんだけど…」

「うーん。それは、ソーリーだね。」

出た!またソーリーだよ。都合が悪かったり、自分では手に負えないことがあるとすべてソーリーですまされる。慣れたけど、このままでは日本へ帰れないし、怒りもおさまらない。

「まず、日本へ帰るために他の航空会社を紹介して。そして、空席があるか確かめて。欠航に関しては、こちらにまったく落ち度はないので、お金を返して!」

と、言うと「航空会社は紹介できます。でも、お金の返し方はわからないので、本社に聞いてください。」

ますます、怒り爆発の私は、
「あたなの仕事ぶりも、あなたの会社もソーリーだね。ありえないわ…」
と、言って他の航空会社のカウンターへ行きました。(また、非道徳的な私になってしまった…)

そして、ダルエスサラームまで行くために乗った飛行機はこちら。

f0204591_21314432.jpg



8人くらいしか乗れないので、みんなフレンドリーな感じで
「レッツゴー!」
と、言いながら楽しくインド洋を渡りました。

f0204591_21353214.jpg


最初から、これで行けばよかったなと思うくらいでした。(片道60ドルでした。)

そして、プレシジョンエアーからお金が返ってくることはありませんでした。
「正確」の意味を知っているのか聞いてみたい。
[PR]
by degutti_47328 | 2012-10-03 21:39