「ほっ」と。キャンペーン

きよんが

degutti.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

すてきな言葉。

最近読んだ本の話。

「真矢みき 願えばかなう」(小学館)

真矢みきさんという女性は本当に素敵だなと思います。
年齢よりも若く見せることに一生懸命になる女性が多い中、彼女は年齢にあった素敵な見せ方をしている気がします。

そんな彼女が言った言葉。
「みんな 自分がどう生きたいか、どうしたら素敵な女性になれるかと考えがちだけど、そんなに深刻に考え過 ぎなくてもよいと思う。
 自分がやりたいこと、好きなことを思いっきりやってみる。深く悩むより、まず、目の前のことをどう楽しむか  が重要だと思う。」

なるほど。深く考えちゃうものを、まずは楽しむのだということ…わかってはいるけれど、なかなかできない。

同じ時期に2人の友だちから同じようなことを言われました。

「あなたは形を整えないと、やりたいことをやらないんだね。それって本物?それは本当にやりたいこと?」
「体裁とか外の枠とかから考える人なんだね。中身は?何が大事?一番に考えることは体裁?」

ガツンときました。

とりあえず、保険のようなものがないと、一歩を踏み出せないのが私。

それって、楽しんでいるのか…違う気がする。


来年は40歳になります。

いろいろ考えることも大事なんですが、まずは楽しんでみようと思います。

だって、40歳になるのをずっと前から待っていたので。
素敵な生き方をしたいなあと思います。
[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-28 21:57

犬と猫

旅先で泊まったところには犬と猫がいました。(特に名前はないそうです)

この犬と猫がすこぶる仲が悪かった…

下の写真も睨み合っているところです。

f0204591_2213147.jpg


その後、どっちが勝ったかというと、お察しのとおり「猫」です。
こんなちっちゃな猫のにらみに、犬は負けてしまいました。

えっ? 弱すぎなんじゃ… この犬。

と、思いましたが、昔飼っていた犬もすこぶる弱かったのを思い出しました。

チビは本当に弱かった。

一緒に飼っていたチャボ(ニワトリのちいさいやつ)のにらみに目をそらし、家に蛇が来たときには死んだふりをしていた犬だった…

でもかわいかったなあ。(20年前に他界)

わたしはイヌ派だな。きっと。

そして、旅先で、そんな犬と猫のバトルを永遠見ていた私でした。(のんびりしすぎ)
[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-24 22:24

世界にはいろんな人がいるんだなあ。

と、旅に出ると思ってしまう。
ウガンダにいたときも、「日本とはちがうなあ」と思っていたけど、旅にでるといろんな違和感を感じて、腹がたったり、おもしろがったりするもんだな、と改めて思う今日この頃です。

その1.イタリア人

今回、結構イタリアの人と知り合いましたが、まあとかくフレンドリーであることと、結構自己中であるかなと思いました。(すみません、独断と偏見です)
でも、帰りの飛行機で「私、彼と席を離れたくないので、アナタ向こうに座って。」(彼は私が予約した席に座っているのです)と言われたのは、本当に頭にきました。(やっかみ?)

その2.アラブ系の人

ラマダンの時期だったので、夜になるとアラブ系の人たちは食べる食べる!(断食で昼間は食べられないから)夜、空港でトランジットのため、ぼーっと飛行機を待っていると、おばあちゃんから「食べなさい」とチキンパイをもらいました。
また、そのチキンパイがこの上なく辛い!とてもありがたかったけれど、舌から火がでるくらい辛かった。
辛いチキンパイって存在するのね…

その3. 中国人

私の顔が中国系なのか、中国の人が怖いもの知らずなのか、よく中国語で話しかけられました。
あの堂々たる態度(相手が日本人でもまず中国語で話しかける)が私にも欲しい…


世界は広い。(前回の日記にも書きましたが)

写真はまた、あんまり関係ないですが、イタリア人が拾ってきた貝を撮ったら、なんだか素敵だったので載せてみました。

f0204591_23261830.jpg

[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-22 23:27

主食にこだわる日本人(私だけか…)

旅先でイタリア人のカップルと知り合いました。

日本に2回も来ている、そしてあちらこちらを旅しているお金持ちカップル。

夕飯を一緒に食べたとき、彼氏の方が(名前忘れちゃった、マなんとかさん)
「ぼく、小麦粉アレルギーなんで、イタリア人だけど、パスタもピザも食べられないんだ。ハハハ。」

と言ってました。

なんてソーリーな…

と、思い、「えっ?じゃあ?主食は何食べてんの?」
と、聞いた私。

「主食って何?」と逆に聞かれました。
「たとえば、毎日食べるものかな。日本人だったらお米。」
「ああ、それならあえていうなら肉かな。でも、お皿にのった僕の食べるものが主食かな。」

なるほど、つい日本人はお米を毎日のように食べるから、そしてウガンダでもマトケとかポショとか毎日のように食べてたから、主食という観念にとらわれていたのかも。

世界は、人々は、まだまだ未知だなと感じたできごとでした。

しかし、イタリア人は常にいちゃいちゃしていたので、私はどうしていいかわからない時がたくさんありました。
世界は広い…。

f0204591_0165985.jpg


写真はイタリア人カップルと何の関係もありません。
香港空港で食べた野菜ヌードルです。小麦粉だなと思って…
[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-18 00:19

コメントはいりませんよ(笑)

日本に帰ってきてからの約5ヶ月。自分を甘やかした日々だったと今になって反省しています。

その結果、吹奏楽コンクール銀賞という厳しい判定が下されるのだと実感です。
忙しさのせいにして、
自分の本当の力を見ようとせず、
練習を怠り、

そんな自分にみんながついてくるはずもなく、

何も成長していない自分がそこにいるだけなのだと思い知らされたのです。

厳しい現実です。
でも真実です。

ニュートラルに戻す必要がありました。

戻ったかどうかはわかりませんが、明日から出直します。

言い訳しない道を行きたいと思います。

コメントは本当にいらないです。これを書いたのも自分の弱さからなんで…

ただ読んでくれたことに感謝です。
[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-15 23:37

紋別は今日も曇りだった。

研修で紋別に行ってきました。
紋別の夏は、わりと曇りが多い気がします。(霧も多い感じ)

当時お世話になっていた人たちにも会いたかったのだけど、夏休みということもあり、私もとんぼ帰りだったりと、ゆっくり会うことはできませんでした。(残念)

「秋にまた来るよ」と約束してきたので、秋はゆっくり訪ねようと思います。

さて、せっかくだからちょっとだけ紋別を紹介します。

紋別と言えば、この「カニモニュメント」でしょう!(独断と偏見)




f0204591_22424849.jpg


オホーツク海岸沿いに建てられているこのモニュメント。夜はライトアップされます。(ロマンチック?)
昔はとなりに「ホタテモニュメント」もあったのになあ。


そして、最近できたラベンダー園と道立公園。
公園は、当時知り合った方が公園の企画調整をされていて、市民協力型の公園にしたいんだという考えに賛同し、私もボランティアとして公園企画のイベントを手伝っていました。

当時、担任をしていた子どもたち(小4)と一緒にイベントに協力していたので、ようやくできあがったんだなとちょっと感慨深かったです。

「この子たちが高校生になったときにできあがりますよ」と、あの時伝えてくれたけれど、今、その子たちは高校3年生になっています。

時の流れをしみじみと感じました。が、研修後に訪れたので、公園は閉まっていました。残念。

秋にまたゆっくり訪れようと思います。




f0204591_22522696.jpg




f0204591_225398.jpg

[PR]
by degutti_47328 | 2011-08-04 22:54