「ほっ」と。キャンペーン

きよんが

degutti.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日転勤(できるのか?)

7年(うち2年はウガンダ)暮らした清里町をあとにします。

行き先は雄武町。オホーツク管内の端から端まで移動します。

先ほど荷物をトラックに積みました。
明日雄武町へ旅立ちますが、なんと明日は吹雪の予報。
今も雪が降り続いています…

やだなあ。
もう、くじけそうになっています。

それにしても、清里は素敵な街でした。


子どもたちはまっすぐでキラキラした眼をしてます。

この2週間、街の人と飲み続けました。
「帰っておいで」と、みんなやさしく言ってくれました。

役場に行くと、「転出届書かなかったら、清里出れないね(笑)」と嬉しい冗談も言ってくれました。


こんなによくしてくれた街と人には出会えないかもしれないなと思いました。

雄武町でも、楽しい出会いがあることを願っています。

このブログを読んだ子どもから、「雄武に言ったら、このブログは おうんが になるの?」
と、聞かれました。

いいえ、このブログは「きよさと」と「ウガンダ」が出だしなので、このままいきます。

次は雄武町から「きよんが」をお伝えします。

そして雪は降り続く…
(写真は6時現在の斜里。春はいずこへ…)

f0204591_18174847.jpg

[PR]
by degutti_47328 | 2012-03-31 18:19

養老牛温泉

養老牛温泉は、清里町から車で約1時間ほど走ったところにあります。

f0204591_2172085.jpg


今日は午後から友だちと一緒に行きました。
清里で仲良くなった友だちです。
英会話サークルを通じて知り合いました。
サークル自体の活動はもうなくなってしまったけれど、時々飲んだり、遠くに遊びに行ったりしています。

養老牛温泉の中でも、とても人気のある「ホテルだいいち」に行きました。

ここの温泉は泉質も良く、川に面した露天風呂が最高です。
お湯も熱すぎずぬるすぎずなので、つい長湯してしまい、湯あたりする人もいるくらいです。
(実際、この日もいました。)



f0204591_2184026.jpg



私たちも2時間近く入っていました(笑)

4月からはバラバラになります。

一人は札幌、一人は清里に残り、そして私は雄武町。

でも、もう会えない感じもしないので、私たちはまたどこかへ遊びに行くでしょう。

みなさんも、ホテルだいいちに行ってみてください。
本当におススメですよ!
(今日は本当は泊まりたかった…)

ちなみに写真は今の写真ではありません。
今は雪で覆われています。(3月なのに)
[PR]
by degutti_47328 | 2012-03-25 21:10

これからの予定。

先に楽しみなことが待っているとワクワクします。

まず、4月に早速旅行の予定が入りました。
場所は、たぶん層雲峡になりそうです。
久しぶりの層雲峡、ワクワクします。


それから富良野へ行きます。
前に、清里から日帰りで富良野旅行をしたのですが、この前、そのメンバーでご飯を食べてて、
「もう1回行きたいねえ」
と、いうことになり、決まりました。

この富良野日帰り旅行は楽しかったなあ。
朝、6時に出発し、上富良野へ着いたのはお昼前。
上富良野の「GOSH」というコーヒー屋さんでコーヒーを堪能しました。

今回の旅行もそのコーヒー屋さんが一番の目当てです。

あのあと、妄想が膨らみ、みんなで出資して斜里岳が見えるところでCAFEをやろうよという話で盛り上がりました。盛り上がりすぎて、その日、清里へ帰ったのは午前様。

また、行くとその話で盛り上がるかな(笑)
でも、コーヒーの勉強はしたいなあと思っています。
[PR]
by degutti_47328 | 2012-03-20 21:01

あごだし

実家のある長崎は「あご」(トビウオ)でとっただしをよく使います。

それがいわゆる「あごだし」なのだけど、これが絶妙においしい。

わたしは麺類によく使うのだけど、おでんとか、煮物とか、雑煮に使っても美味しいらしいです。

ウガンダにいたときも、実家の母に頼んで送ってもらい、向こうの中華スーパーで買った麺に合わせて食べていました。

いつか、近所の人にマトケ(野菜バナナ)を大量にもらって、その調理法に悩んでいたときに、あごだしで煮てみたら意外にいけてて、ウガ食にも対応できるスグレモノの調味料だと、感心したものです。

北海道にいてもこの「あごだし」が恋しくなり、実家から送ってもらっています。

やっぱりすてきなだしです。

ちなみにこの写真のあごだしが簡単で美味しくておすすめです。

f0204591_23483585.jpg

[PR]
by degutti_47328 | 2012-03-14 23:49

出会い

教師という職業は、比較的人との出会いが多い職業のように思います。

特に子どもとの出会いは数え切れないほどあって、自分が影響を与えたり、自分に影響を与えてくれたりします。

先日、所属している吹奏楽団の演奏会があり、地元の小中高生と一緒にステージで演奏をしました。
1人の高校生が小学校まで紋別市にいて、私が以前勤務していた学校の児童だったことがわかり、ちょっと紋別話で盛り上がりました。

その子は、私が担任をしていた子ではなかったのだけど、覚えていてくれて嬉しかったです。


また、演奏会には多くの教え子たちが聴きにきてくれて、それもまた嬉しく思いました。


今、学校は卒業式に向けて、なんだかお別れムードがただよっていて少しせつなくなりますが、4月にはかわいい新入生が入ってきてまた、新たな出会いが待っているのもワクワクするところです。


人との出会いっていいなあと思う今日このごろです。
[PR]
by degutti_47328 | 2012-03-06 20:52